スポーツとBCAA

集中力UP効果

地味でキツイ筋力トレーニング。ウエイトトレーニングもランニングも、どんなに目的意識を高くもって黙々とこなしていても、孤独な作業は飽きるのも早いですよね。また、チームプレイのスポーツでも、長時間続けていては集中力が切れる瞬間が必ずあるものです。

「飽き」というのは中枢神経系の疲労です。脳が疲れてしまえばやる気の維持は難しいものです。その疲労は脳内に、「セロトニン」という物資が分泌されるからだといわれています。セロトニンとは、やる気や興奮とは反対の「ほっとさせる」ための伝達物質です。

では何故このセロトニンが分泌されてしまうのでしょうか。

長時間にわたって運動を続けていると、血中のBCAA濃度が低下していきます。すると反対に血中でトリプトファンというアミノ酸の濃度が高まってしまうのです。脳内のトリプトファン濃度が増加すると、神経の伝達部位でセロトニンが生成されてしまい、「ほっとしろ」という信号が伝わってしまうわけです。つまり、血中BCAA濃度と血中トリプトファン濃度の比率によって、人間のやる気というものが左右されてしまうのです。

しかし、これは解消するのも簡単です。

血中のBCAA濃度を一定以上に保っておけば、トリプトファンの濃度が増加することはありません。そうすれば結果的にセロトニンの生成を抑制することにつながるため、集中力ややる気を持続させることができるのです。これは運動時に限らず、勉強をしたいのに集中が続かない受験生にも応用できそうですね。