食事とBCAA

消化と吸収

動物は皆、生きていくためのエネルギー源として食物を摂取しなければなりません。食べ物として口から摂取した食べ物は、消化管の中で細かく分解され、血液中に栄養として吸収されます、その後、各組織で身体を作る材料として利用されたり、エネルギー源として貯蔵されたりするのです。

では、ここでちょっと人間の消化と吸収の機能について解説していきましょう。まず食べ物を口から摂取すると、歯で細かく咀嚼します、その際、唾液と食べ物を良く混ぜ合わせることで、その後の消化(食べ物の分解)を進みやすくします。また唾液の中にはプチアリンという酵素が入っていて、ごはんやパンなどの炭水化物の分解を始めます。

ごくりと飲み込むと食べ物は食道を通り、胃へ運ばれます。胃では主にペプシンやリパーゼという酵素が働き、たんぱく質や脂質を分解しやすい状態へ変化させます。その後、小腸へ食べ物を送るのですが、途中で膵液や胆汁が分泌されて混ぜ合わせられます。これらは炭水化物をブドウ糖へ、たんぱく質をアミノ酸へ、脂質を脂肪酸とグリセリンへと分解します。

小さな分子状にまで分解された栄養素は、小腸の内側の壁から血管中へ吸収され、一度門脈を通って肝臓へと運ばれるのです。その後、身体のあちこちでエネルギー源として利用されたり、グリコーゲンや脂肪として貯蔵されたり、酵素や組織を作るために利用されます。

たんぱく質をアミノ酸まで分解するのに重要な消化液は膵液で、これは膵臓から分泌されます。その他、膵臓には血糖値を調節するインスリンやグルカゴンというホルモンを分泌する働きもあり、重要な臓器の一つです。