BCAA

非必須アミノ酸について

非必須アミノ酸とは、前述の必須アミノ酸とは異なり体内で合成できるアミノ酸のことです。人体を構成するアミノ酸20種類のうち、必須アミノ酸をのぞく11種類のものが非必須アミノ酸にあたります。

非必須アミノ酸は食事で取った別の成分や体内に蓄積されている成分から合成できるため、それ自体を食事で積極的に摂取する必要はありません。しかし身体の筋肉や組織、免疫などに関わりの深い成分なので、この機会にいくつかご紹介したいと思います。

アスパラギンとアスパラギン酸はアンモニアの代謝に関係が深いアミノ酸です。体内の老廃物を処理したり、肝機能を促進したり、免疫機能の強化に働きます。また、このアミノ酸は運動時のスタミナ向上にも効果があるといわれています。

アルギニンは脳下垂体へ働いて、成長ホルモンの分泌に関わります。成長ホルモンは筋肉の強化や血行促進、脂肪燃焼の効果のほかに、肌を若々しく保つ効果もあります。

グルタミンは筋肉中に存在するアミノ酸で、免疫機能に関わるほかに脳のエネルギー源としても利用されます。

そして女性に嬉しいアミノ酸の一つにプロリンがあります。これはコラーゲンの主要な素材となるアミノ酸で、ゼラチンや動物の皮の部位に良く含まれています。コラーゲンの合成に関わるだけでなく、角質層の保湿作用もあります。

また、システインは抗酸化作用と解毒作用に関わり深く、メラニン色素の沈着を防ぐ効果もあります。このほか、グルタミン酸やグリシン、チロシン、セリン、アラニンが非必須アミノ酸になります。