BCAA

プロテインとの違い

プロテインとは一体何でしょう。これはご存知の通り「たんぱく質」の英語名です。肉類や魚類、豆や豆腐、乳製品など幅広い食材に含まれている栄養素です。スポーツをしている人の場合、プロテインといえばサプリメントの一種として食事とは別に補給している方も居るかもしれません。

健康な身体を作るにはバランスの良い食事が不可欠です。しかし通常より効果的に筋肉をつけたい場合、体重1kg当たりおよそ2kgのたんぱく質を摂る必要があります。これを食事だけで摂ろうとすると、食事量が膨大になってしまいますよね。更に脂肪や炭水化物など、筋肉になるのではなく脂肪になりやすい栄養素もたくさんとりいれてしまうことになります。

こんな悩みを解消するために生まれたのが、プロテインサプリメントです。食事で摂るより消化管への負担も少なく吸収時間も短くなるので、運動のスケジュールにあわせてタイミングよく摂取できることが魅力の一つです。

プロテインは原材料によっていくつかの種類に分かれますが、特に筋肉を増やしたい人に薦められているのがホエイプロテインです。BCAAも含まれ、スポーツ時の栄養補給を期待できます。ダイエット目的であれば大豆プロテインが主成分のサプリが良いでしょう。

しかし集中力や持続力などピンポイントにBCAAの働きを期待したい場合は、プロテインでの代用はオススメできません。ホエイプロテイン中には様々なアミノ酸が含まれていますが、その分BCAAの濃度は低くなってしまうからです。価格はプロテインの方が安価であることから、用途に応じて使い分けをするといいようです。