BCAA

BCAAの働き

BCAAとは、必須アミノ酸の中でも分子構造上が特徴的な「バリン」「ロイシン」「イソロイシン」の三つを指します。このBCAAは、数あるアミノ酸の中でも筋肉の運動に関係が深い大切なアミノ酸なのです。

人間に限らず、筋肉というものは細い糸のような筋繊維が寄り集まった束でできています。その繊維の一本一本はアクチンとミオシンという更に細いたんぱく質でできており、これらの主成分がバリン、ロイシン、イロソイシンなのです。この三つは筋肉中のアミノ酸の実に35パーセントにもなります。

筋繊維中のこれらのアミノ酸は、激しい運動をして筋肉中のグリコーゲンや遊離脂肪酸が不足した際、優先的に分解・利用されてエネルギー源に変わります。しかしこの反応は、筋肉そのものをエネルギーとして使用してしまうため、結果として筋肉の損傷につながることが分ったのです。

そこで近年、運動によって減少する前にBCAAをエネルギー源として補給し、スタミナの向上や筋力アップを期待する考え方が主流になってきました。

BCAAの中でも、特にバリンとイソロイシンには「持久力アップ」の効果があるといわれています。運動時に筋肉中のグリコーゲンが不足した際、速やかにエネルギー源となるため、アスリートの持久力を向上させることにつながるようです。

また、イソロイシンとロイシンはケト原性アミノ酸と呼ばれ、自身がエネルギー源になりやすい性質があるため、運動前に補給することで筋繊維の損傷を抑える働きがあります。

三つのアミノ酸は協働しており、バリン・ロイシン・イソロイシンを1:2:1の割合で同時に摂取すると有効だといわれています。