スポーツを習慣にしている人たちの間で、話題になっているBCAA。耳なじみのない単語ですが、実はアミノ酸のひとつ。アミノ酸は人体にとって大切な働きをする栄養素のひとつです。

人の身体の70%が水分で出来ているのは有名ですが、残りの30%何かを知らない人は意外と多いですね。残り30%のうちの半分がたんぱく質、残りの半分が脂質です。数パーセント、微量の金属も含まれています。

身体を作る要素で、水分の次に重要なたんぱく質。身体の色々な部品を構成するのに、絶対に必要な栄養素です。

筋肉、臓器、爪や毛髪、血管や血液の元にもなり、免疫機能や内分泌系にも大きくかかわっている、重要な成分であるたんぱく質ですが、そのたんぱく質を構成しているのが、約20種類のアミノ酸です。

 

アミノ酸の多くは、体内の働きで作ることができるものですが、中にはどうしても作れないものもあります。

体内で生成できないアミノ酸は食事で摂取する必要があり、「必須アミノ酸」と呼ばれています。ヒトの体に必要な必須アミノ酸は9種類。そのうち、筋肉を維持するのに重要なのが「バリン」「ロイシン」「イロソイシン」という3つです。これらをまとめて「BCAA」と呼んでいます。

筋肉を作っている、必須アミノ酸の30%以上はこのBCAAが占めています。食事によって体内に入ったBCAAは、血液により筋肉に運ばれます。たんぱく質を作りながら貯蔵されますが、激しい運動をすると、糖質や脂質に変わって消費されてしまう、ということが、最近の研究で分かりました。

激しい運動で筋肉中に含まれるBCAAが消費されてしまうと、筋肉が痩せてしまいます。結果として筋力・体力の低下を招くため、運動時のBCAA補給が重要であると考えられるようになったのです。

 

また、最近では美容と健康のために、BCAAを取り入れる人が増えています。特にダイエットを目的にして、筋肉をつけることが重要視されているので、BCAAの注目度はこれからもどんどん高まるでしょうね。

ただ運動して脂肪を燃焼させるだけでなく、効果的にBCAAを摂取して筋肉を育て、理想の体を作ろうと考える人が増え、注目されているというわけです。

このサイトでは、BCAAの種類、効果的な摂り方、デメリットなどについて紹介しています。健康で美しい体作りに役立てば幸いです。